イベント情報

 

 

「感染症ワクチン開発研究セミナー」のお知らせ

お陰様で、無事終了いたしました。たくさんのご参加をありがとうございました。

 本年度より、沖縄県委託事業「沖縄感染症研究拠点形成促進事業」がスタートしました。

 3つの研究分野のうち、「創薬開発研究分野」では、有限会社 生物資源研究所の根路銘 国昭 所長をプロジェクトリーダーとした研究チームを発足し、「ウイルスワクチンを安心安全に生産するための先端遺伝子工学技術」という研究テーマに取り組んでいます。

 本テーマは、新型インフルエンザやデング熱といった感染症対策として、沖縄産のカイコ「エリ蚕」を用いてワクチンを開発する研究です。

 本事業の一環として、研究者や専門分野の方に向けた研究セミナーを開催いたしますので、下記のとおりご案内いたします。

 

 

事業名:沖縄県委託事業 「沖縄感染症研究拠点形成促進事業(創薬開発研究分野)」

研究テーマ:ウイルスワクチンを安心安全に生産するための先端遺伝子工学技術

 

◆ 感染症ワクチン開発研究セミナー ~ 豊かな可能性を秘めるカイコ由来ワクチン ~

 

日 時 : 平成28年2月16日(火) 10:00~12:10(開場 9:30)

会 場 : パシフィックホテル沖縄 2階「エフカイ」   ※会場が「カネオヘ」に変更となりました。

参加費 : 無料

定 員 : 50名 (お席に限りがございますので、事前にご予約ください)

対 象 : 研究者、専門分野で関心のある方

主 催 : 公益財団法人沖縄科学技術振興センター

 

お問合せ : 公益財団法人沖縄科学技術振興センター 担当:鈴木

TEL098-921-2500

E-mail kaiko-vaccine@ostc.okinawa.jp

 

  

チラシ(表)感染症ワクチン開発研究セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
チラシ(裏)感染症ワクチン開発研究セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 539.4 KB

 

----------------------------------------------

 

 

シンポジウム「 ~21世紀のシルクロードは沖縄から~」のお知らせ

お陰様で、無事終了いたしました。たくさんのご参加をありがとうございました。

 近年のグローバル化に伴い感染症が流入するリスクが高まりつつあります。このような中、当財団では沖縄県から委託を受け専門家からなる研究チームを結成し、沖縄産の蚕「エリ蚕」を用いたワクチン開発による感染症対策の研究事業を本年度スタートしました。

 本事業の一環として、主に県民のみなさまを対象に下記のとおりシンポジウムを開催する運びとなりましたのでお知らせします。

事業名:沖縄県委託事業 「沖縄感染症研究拠点形成促進事業(創薬開発研究分野)」

研究テーマ:ウイルスワクチンを安心安全に生産するための先端遺伝子工学技術

 

◆ 平成27年度 シンポジウム  ~ 21世紀のシルクロードは沖縄から ~

 

日 時: 平成28年2月17日(水)14:00~17:00 (開場13:30)

会 場: パシフィックホテル沖縄 2階「ワイケレ」

参加費: 無料 (どなたでもご参加いただけます。)

定 員: 100名

主 催: 公益財団法人沖縄科学技術振興センター

後 援:沖縄県、国立大学法人 琉球大学

 

プログラム

14:00-14:05 主催者挨拶  公益財団法人沖縄科学技術振興センター  理事長 平良初男

14:05-14:10 来賓挨拶 沖縄県企画部 科学技術振興課長

14:10-14:50 基調講演「運命的に甦るウイルス達」

           根路銘 国昭 (有限会社 生物資源研究所 所長)

14:50-15:30 特別講演「小児ウイルス感染症とワクチン対策」

           中山 哲夫 (北里生命科学研究所 所長)

15:30-15:50 休 憩

15:50-16:20 事業概要紹介および平成27年度の成果発表

16:20-16:55 総合討論   

17:00       閉会

 

 

お問合せ:公益財団法人沖縄科学技術振興センター 担当:鈴木

TEL098-921-2500

E-mailkaiko-vaccine@ostc.okinawa.jp

 

  

チラシ(表)シンポジウム~21世紀のシルクロードは沖縄から~.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 876.1 KB
チラシ(裏)シンポジウム~21世紀のシルクロードは沖縄から~.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 726.6 KB

 

----------------------------------------------

 

 

平成27年度「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム

当財団では、沖縄県委託事業として「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」を推進しております。本事業は、沖縄県の科学技術振興に寄与する研究開発拠点として「オープンリサーチセンター」を整備し、県内大学・研究機関を中核とした研究開発事業を推進することで、知的・技術的リソースを集結・発展させ、共同研究を介したネットワーク形成を促進し、「知的クラスター」の形成を目指しております。

本シンポジウムでは、本事業の研究実施機関より、講演にて日頃の研究成果をご紹介し、知的クラスター形成に向けたネットワーク構築を図ることを目的としております。

主催:公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

後援:沖縄県、学校法人 沖縄科学技術大学院大学学園、国立大学法人 琉球大学

平成27年度「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム

日  時

平成271217日(木)1330 1700

会  場

パシフィックホテル沖縄 2F 万座の間(沖縄県那覇市西3丁目61号)

プログラム

13:30 開会 主催者挨拶 来賓挨拶

13:40 事業概要説明「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」

事業総括 (公財)沖縄科学技術振興センター 平野 隆

13:50 特別講演「沖縄における知的・産業クラスター形成への期待」

日経BP社 宮田 満

14:30 共同研究事業の概要

「沖縄の生物資源とネットワークを活用した医薬品探索研究」

研究統括 琉球大学 教育学部 照屋 俊明

14:40 沖縄海洋生物資源からの医薬シーズ探索

オーピーバイオファクトリー株式会社 金本 昭彦

15:05 創薬を指向する化学合成と新規生物活性物質の探索

沖縄科学技術大学院大学 田中 富士枝

15:30 休憩

15:50 共同研究事業の概要

「先端シーケンサーによる生物資源微生物のゲノム解析技術の開発」

研究統括 (一社)沖縄綜合科学研究所 照屋 邦子

16:00 国産・沖縄産有用乳酸菌の特性とゲノム解析への期待

農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 鈴木 チセ

16:25 次々世代シーケンサーPacBio RSⅡの医療・環境・農工学へのインパクト2015

(一社)沖縄綜合科学研究所 中野 和真

17:00 閉会

参加申込/

参加費

氏名・所属・連絡先(Tel. Fax. E-mail)をご記入の上、E-mailまたはFaxで、下記宛にお申し込みください。

参加費:無料 ※どなたでもご参加いただけます。

参加申込/お問合せ先

904-2234沖縄県うるま市字州崎122

沖縄県工業技術センター3F オープンリサーチセンター

(公財)沖縄科学技術振興センター  知的クラスター事業推進室《大城・宮城》

Tel098-989-0042 Fax098-989-0043 E-mail orcoffice@ostc.okinawa.jp

平成27年度「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム(表).p
Adobe Acrobat ドキュメント 747.8 KB
平成27年度「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム(裏).p
Adobe Acrobat ドキュメント 482.2 KB

※このイベントは終了しました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

 

Bio Japan 2015 ~World Business Forum

スポンサーセミナーおよび出展のお知らせ

 

この度、公益財団法人沖縄科学技術振興センターでは、「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」における情報発信および連携促進の一環として、県内外の研究機関や企業の皆様に本事業の成果をご案内し、ネットワーク構築を図ることを目的として、平成271014日から3日間、横浜市にて開催されます「Bio Japan 2015」にスポンサーセミナーを下記の内容で研究発表のセミナーを行うとともに、出展参加を予定しております。

つきましては、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

Bio Japan 2015 ~World Business Forum

日  時

平成271014日(水)~16日(金)

会  場

パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1

申込み

参加費

申込先URLhttp://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html

Bio Japan 2015公式ホームページ)

参加費:無料(上記URLより事前登録をお願いいたします)

 

セミナー

「先端シーケンサーが拓く沖縄生物資源」と題し、「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」の研究成果を発表いたします。

日時:1015日(木)13301430

会場:ANNEXホール F203(パシフィコ横浜/横浜市西区みなとみらい1-1-1

聴講申込:上記URLより事前登録をお願いいたします

プログラム:別紙をご参照ください

出  展

沖縄県の複数機関と産業振興や産学官連携を目的とした統合ブース「沖縄パビリオン」を設け、その中で「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」の事業案内、各テーマの研究内容や成果について、ポスター展示やパンフレットの配布などを計画しております。

日時:1014日(水)~16日(金)10001700

会場:展示ホール(小間番号 B-23 )

お問合せ先

公益財団法人沖縄科学技術振興センター 知的クラスター形成事業推進室

(担当:宮城・大城)

TEL098-989-0042 FAX098-989-0043

E-mailorcoffice@ostc.okinawa.jp

※当財団のセミナーおよび出展に関するお問い合わせ先です。







----------------------------------------------




沖縄県委託事業 先端医療産業開発拠点形成事業

「再生医療の産業化へ向けて ~再生医療を支える人材育成~」

※終了いたしました。多数のご参加を頂き誠にありがとうございました。

【日 時】 平成27年2月20日(金) 18:30~20:30

【場 所】 パシフィックホテル沖縄 2階「ワイケレ」

【講 師】 笠井 泰成 氏(京都大学医学部附属病院 分子細胞治療センター)

        江副 幸子 氏(大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 未来医療センター)

【参加費】 無料(定員100名)

      ※定員になり次第締め切りますが、定員に満たない場合は当日も受付致します。

【お申込み・お問合先】

      「先端医療産業開発拠点形成事業」事務局

      TEL:098-866-7500、FAX:098-866-7533

      Email:sentaninfo@subtropics.or.jp

沖縄県委託事業 沖縄感染症医療研究ネットワーク基盤構築(ATL)

ATLシンポジウムin沖縄2015

~ 身近な病気ATL(成人T細胞白血病):その理解と克服に向って ~

終了いたしました。たくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

 なお、シンポジウムではご来場の皆様からたくさんのご意見・ご質問をお寄せいただきまして、誠に感謝申し上げます。

 お時間の都合により、お答えさせていただけたのは僅かとなってしまい、誠に心苦しく思います。

 本事業のサイトに、HTLV-1に関する情報を発信している機関が運営するHPのリンクを設けさせていただいておりますので、よろしければご参照くださいませ。

 「ATL対策研究拠点構築事業」

 

 また、沖縄県内の相談窓口といたしましては、県内の保健所をはじめ、琉球大学医学部附属病院 第二内科に「ATL専門外来」を開設しております。

  「ATL専門外来のご紹介」 をクリックしてください。

 

 本事業の始動に伴って開設したATL専門外来ですが、本事業終了後も存続いたしますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 

 

【日 時】平成2721日(日)13:0016:00 (開場1200

【会 場】沖縄コンベンションセンター 会議棟A1

【参加費】無料 (どなたでもご参加いただけます。定員200名)

【主 催】公益財団法人沖縄科学技術振興センター

【後 援】沖縄県、国立大学法人 琉球大学、一般社団法人 沖縄県医師会

 

【講 師】

  田中 勇悦

   (国立大学法人 琉球大学 大学院医学研究科 免疫学講座)

  友寄 毅昭

   (国立大学法人 琉球大学 大学院医学研究科

    内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科))

  糸数 公

     (沖縄県 保健医療部 健康長寿課)

 

 特別講演                     座長:吉田 光昭  

              (公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター)

   平良 直也

      (社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院 血液内科) 

   岡山 昭彦 

     (国立大学法人 宮﨑大学 医学部 内科学講座  免疫感染病態学分野)


★参加申込みについて

 当日は混雑が予想されます。

 事前に申込みをされますと、当日の受付がスムーズです。

 

【申込み・お問合せ】 

  公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

   沖縄感染症医療研究ネットワーク基盤構築事業(ATL)事務局  〔担当:鈴木〕

  TEL:098-866-7500   FAX:098-866-7533   

   

 参加ご希望の方は、下記フォームに氏名、所属・役職、メールアドレスを明記の上、お申込みください。

 ※ご登録いただきました個人情報は、本シンポジウムに関する連絡および当財団が主催するイベント案内に

   使用し、それ以外には使用いたしません。    


  事前申込み〆切:平成27年1月29日(木)

   (定員に空きがあれば、会場での受付も可能です)

 

★ご質問の募集

 ATLまたは本事業に関するご質問のある方は、下記のフォームにて受付けます。

 メールアドレスをご記入の上、「メッセージ欄」に質問内容をご記入いただき、「送信」ボタンを

クリックしてください。 (事務局にメールが送信されます)

 

 ※いただいたご質問は、匿名にてシンポジウムの総合討論でご紹介・ご回答させていただく

   ことがございますので、予めご了承ください。

 ※個人情報保護のため、ご質問の受付はE-mailに限らせていただきます。

   FAXでの応募は受付けませんので、ご注意ください。

 

    ご質問の応募〆切:平成27年1月23日(金

 

ATLシンポジウムin沖縄2015 表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 8.7 MB
ATLシンポジウムin沖縄2015 裏.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 100.1 KB

「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム

「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」は、沖縄県の科学技術振興に寄与する研究開発拠点として「オープンリサーチセンター」を整備・活用し、研究開発事業を推進することによって、県内大学・研究機関・企業を中核とした知的・技術的リソースを集結・発展させ、共同研究を介したネットワーク形成を促進することを目標としています。

本シンポジウムでは、本事業の研究成果および展望を一般講演やポスターにて発表を行うとともに、県内の研究機関や企業等から日頃の研究成果をご紹介いただき、「知的クラスター」形成に向けたネットワークの構築を図ることを目的としております。

主催:公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

後援:沖縄県、学校法人 沖縄科学技術大学院大学学園、国立大学法人 琉球大学

「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」

沖縄の生物資源とネットワークを活用した医薬品探索研究シンポジウム

日  時

平成261218日(木)1330 - 1700

会  場

パシフィックホテル沖縄 2F 万座・珊瑚の間(那覇市西3丁目61号)

プログラム

13:30 開会 主催者挨拶 来賓挨拶 

13:40事業概要説明「沖縄の生物資源とネットワークを活用した医薬品探索研究」

事業総括 (公財)沖縄科学技術振興センター 平野 隆

13:50特別講演:沖縄における知的・産業クラスター形成への期待

日経BP社 宮田 満

14:30 共同研究事業の概要:研究統括 琉球大学 教育学部 照屋 俊明

14:40 沖縄産未利用海洋資源に含まれる抗菌物質の探索

琉球大学 教育学部 照屋 俊明

15:05 休憩・ポスターセッション

16:00 沖縄由来天然物からの生理活性物質の探索

 Meiji Seika ファルマ株式会社 米沢 実

16:25 沖縄由来微生物からの医薬品素材の探索

北里大学 薬学部 供田 洋

17:00 閉会

参加申込/

参加費

氏名・所属・連絡先(Tel. Fax. E-mail)を記入の上、E-mailまたはFaxにて、下記の参加申込/お問合せ先迄、ご連絡を下さい。

(「知的クラスター形成シンポジウム参加)と明記下さい。)

申込締切日:平成261216日(水)

参加費:無料 ※どなたでもご参加いただけます。

参加申込/お問合せ先

904-2234沖縄県うるま市州崎122

沖縄県工業技術センター3F オープンリサーチセンター

(公財)沖縄科学技術振興センター 知的クラスター事業推進室 宮城・大兼

Tel: 098-989-0042 Fax: 098-989-0043 E-mail: orcoffice@subtropics.or.jp

※当財団のセミナーおよび出展に関するお問い合わせ先です。

 ※本事業は、沖縄県委託事業として実施しております。

沖縄感染症医療研究ネットワーク基盤構築事業(ATL)

「ATL研究セミナー」

終了いたしました。たくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

【日 時】 平成26年9月19日(金) 16:30~18:10

【会 場】 琉球大学 医学部 臨床講義棟1階 小講義室  (沖縄県中頭郡西原町字上原207)

【主 催】 公益財団法人 沖縄科学技術振興センター 

【講 師】 〇 基礎研究分野  中村 正孝 先生  (国立大学法人 東京医科歯科大学)

       〇 臨床研究分野  塚崎 邦弘 先生  (独立行政法人 国立がん研究センター東病院) 

【対 象】 研究者、医療関係者、企業等

【参加費】 無料 (定員100名)

       ※事前に申込みをされますと、当日の受付がスムーズです。

         (定員に空きがあれば、会場での申込みも可能です。) 

【申込み・お問合せ】 

 公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

  沖縄感染症医療研究ネットワーク基盤構築事業(ATL)事務局  〔担当:鈴木〕

 TEL:098-866-7500   FAX:098-866-7533      

 参加希望の方は、下記フォームに氏名、所属・役職、メールアドレスを明記の上、お申込みください。

 ※ご登録いただきました個人情報は、本セミナーに関する連絡および当財団が主催するイベント案内に使用

     し、それ以外には使用いたしません。      

 

 

ATL研究セミナー(案内).jpg
JPEG イメージ 1.2 MB
ATL研究セミナー(申込用紙).jpg
JPEG イメージ 914.0 KB

Bio Japan 2014 ~World Business Forum~

スポンサーセミナーおよび出展のお知らせ

〈終了いたしました〉

この度、公益財団法人沖縄科学技術振興センターでは、「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」における情報発信および連携促進の一環として、県内外の研究機関や企業の皆様に本事業の成果をご案内し、ネットワーク構築を図ることを目的として、平成261015から3日間、横浜市にて開催されます「Bio Japan 2014」にスポンサーセミナーを下記の内容で研究発表のセミナーを行うとともに、出展参加を予定しております。

つきましては、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

Bio Japan 2014 ~World Business Forum

日  時

平成261015日(水)~17日(金)

会  場

パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1

申込み

参加費

申込先URLhttp://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html

Bio Japan 2014公式ホームページ)

参加費:無料(上記URLより事前登録をお願いいたします)

セミナー

「先端シーケンサーが拓く沖縄生物資源」と題し、「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」の研究成果を発表いたします。

日時:1015日(水)13001500

会場:ANNEXホール F204(パシフィコ横浜/横浜市西区みなとみらい1-1-1

聴講申込:上記URLより事前登録をお願いいたします

プログラム:別紙をご参照ください

出  展

沖縄県の複数機関と産業振興や産学官連携を目的とした統合ブース「沖縄パビリオン」を設け、その中で「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」の事業案内、各テーマの研究内容や成果について、ポスター展示やパンフレットの配布などを計画しております。

日時:1015日(水)~17日(金)10001700

会場:展示ホール(小間番号C108

お問合せ先

公益財団法人沖縄科学技術振興センター 知的クラスター形成事業推進室

(担当:宮城・大兼)

TEL098-989-0042 FAX098-989-0043 

E-mailorcoffice@subtropics.or.jp

※当財団のセミナーおよび出展に関するお問い合わせ先です。

「再生医療、産業化への取り組みと展望」

※終了いたしました。多数のご参加を頂き誠にありがとうございました。※

【日 時】 平成26年9月8日(月) 18:00~20:00

【場 所】 パシフィックホテル沖縄 2階「カネオヘ」

【講 師】 岩畔 英樹 氏(サイトリ・セラピューティクス株式会社)

        伊木 宏 氏(株式会社メディネット)

【座 長】 松下 正之 先生 (琉球大学医学部 医学部長)

【参加費】 無料(定員100名)

※定員になり次第締め切りますが、定員に満たない場合は当日も受付致します。

【お申込み・お問合先】

「先端医療産業開発拠点形成事業」事務局

TEL:080-8389-3513または3514、FAX:098-866-7533

Email:sentaninfo@subtropics.or.jp

0908-1(案内).jpg
JPEG イメージ 178.5 KB
0908-2(申込書).jpg
JPEG イメージ 90.5 KB

     

「がん免疫治療新時代に向けて」セミナー開催

※終了いたしました。多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

 

【日 時平成26年5月26日() 17:30~19:00

【場 所】 琉球大学医学部 臨床講義棟1階小講義室  

【講 師】 垣見 和宏氏  

       東京大学医学部附属病院 免疫細胞治療学(メディネット)講座  

【参加費】 無 料 

【お問い合わせ・お申込先】

 「先端医療産業開発拠点形成事業」事務局

【分室】〒903-0215 沖縄県西原町字上原207番地 琉球大学医学部基礎研究棟253号室

     TEL:080-8389-3513-3514  FAX:098-866-7533 

     E-mailsentaninfo@subtropics.or.jp

「がん免疫治療新時代に向けて」
先端セミナー5.26.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 285.4 KB

 

 

 

 

ATLシンポジウムin沖縄2014

 ~ 身近な病気ATL(成人T細胞白血病):その克服に向けて ~

【日時】平成26年2月2日(日)13:30~17:00

【会場】沖縄市民会館 中ホール (沖縄県沖縄市八重島1-1-1)

(終了いたしました)

 

【主催】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

【講演者】

   田中 勇悦 (琉球大学 大学院医学研究科 免疫学講座 教授)

   伊波 英克 (大分大学 医学部 微生物学講座 准教授)

   友寄 毅昭

     (琉球大学 大学院医学研究科 内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科) 准教授)

   糸数 公 (沖縄県福祉保健部 健康増進課 課長)

   神奈木 真理 (東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 免疫治療学講座 教授)

   宇都宮 與 (公益財団法人 慈愛会 今村病院分院 院長)

 

【詳細】 参加費無料

     参加ご希望の方は、下記のフォームに氏名、所属・役職、およびメールアドレスを明記の上、お

     申込みください。

【申込】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター 担当:鈴木

    TEL:098-866-7500   FAX:098-866-7533

    ご登録いただきました個人情報は、本シンポジウムに関する連絡のみに使用し、それ以外には

    使用いたしません。  

ATLチラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 30.2 MB

終了いたしました。たくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

 

「知的クラスター事業形成に向けた研究拠点構築事業」シンポジウム

開催日:平成25年12月19日(木)10:00‐17:10

会場:沖縄産業支援センター 大ホール101・102

〈終了いたしました〉

 

 「知的クラスター研究拠点構築事業」は、沖縄県の科学技術振興に寄与する研究開発拠点として「オープンリサーチセンター」を整備・活用し、研究開発事業を推進することによって、県内大学・研究機関・企業を中核とした知的・技術的リソースを集結・発展させ、共同研究を介したネットワーク形成を促進することを目標としています。

 本シンポジウムでは、「環境・エネルギー」、「医療・健康」、「創薬」の各研究分野の研究実施機関より、口頭講演およびポスター発表の形で、日頃の研究成果を紹介いただき、ネットワークの構築を図ることを目指します。

主催:公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

後援:沖縄県、学校法人 沖縄科学技術大学院大学学園、国立大学法人 琉球大学

【プログラム】        
10:00 開会       主催者挨拶 来賓挨拶      
10:15 事業概要  事業総括 (公財)沖縄科学技術振興センター  平野 隆
〚環境・エネルギー〛        
「沖縄生物資源を活用したオンサイト環境浄化及びオイル等高付加価値産物の生産に関する研究開発」
10:25 共同研究事業の概要 研究統括 オーピーバイオファクトリー㈱  金本 昭彦
10:45 「海洋微生物を用いた高付加価値油脂の生産」 広島大学大学院 先端物質科学研究科 秋 庸裕
11:05 「沖縄県の土壌浄化を目指した有機塩素化合物分解菌の獲得と次世代DNAシーケンサーによる解析」
  東京農工大学 大学院 工学研究院 養王田 正文  
11:25 ポスター発表  ( 11:25  ~ 13:30  ポスター討論時間 )
〚特別講演〛        
13:30 沖縄における知的・産業クラスター形成への期待 日経BP社 特命編集委員 宮田 満
14:10 エネルギー問題とNEDOの取り組み      
    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)副理事長 倉田 健児
〚医療・健康〛        
「健康長寿改善の技術開発のための、有効成分の経皮吸収等の新手法を利用したメタボロミックな基盤的研究」
14:50 共同研究事業の概要 研究統括 沖縄科学技術大学院大学 柳田 充弘
14:52 「肥満症の病態解析における メタボローム研究・ナノ技術の可能性」 琉球大学大学院 医学研究科 益崎 裕章
15:17 「メタボロームによる新規老化マーカーおよび経皮吸収効果の解析」 京都大学 医学部 近藤 祥司
15:37 「経皮吸収に適した沖縄産物候補の探索と高度化利用」   ソムノクエスト株式会社 江口 直美
15:50 ~休憩~        
〚創 薬〛 「沖縄の生物資源とネットワークを活用した医薬品探索研究」    
16:10 共同研究事業の概要 研究統括   琉球大学 教育学部 照屋 俊明
16:20 「沖縄産海洋生物に含まれる抗菌物質の探索」        琉球大学 教育学部 照屋 俊明  / 理学部 田中 淳一
16:45 「沖縄由来天然物からの抗感染症薬の探索」  Meiji Seika ファルマ株式会社 医薬研究所  米沢  実
17:10 閉会        
【詳 細】 ※ 参加費:無料(どなたでもご参加いただけます。)              
【参加申込み方法/問合せ・申込先】                
  「シンポジウム参加申し込み」と記載いただき、氏名・所属・連絡先(TEL・FAX・E-mail)をご明記の上、
   下記FAX番号、下記フォーム、またはE-mailにてお申込み下さい。        
 〒904-2234 沖縄県うるま市州崎12-2 沖縄県工業技術センター3F オープンリサーチセンター内         
         (公財)沖縄科学技術振興センター  知的クラスター形成事業室 松竹・宮城         
         TEL: 098-989-0042 FAX: 098-989-0043  Email: ostc-office@subtropics.or.jp           
            ※本事業は、沖縄県委託事業として実施しております。            

「BioJapan2013」への出展について(ご案内)

開催期間:10月9日(水)- 11日(金) 会場:パシフィコ横浜

〈終了いたしました〉

 「BioJapan2013」は、109日(水)から11日(金)まで、横浜(パシフィコ横浜 展示ホールCD&アネックスホール)にて開催されます。

 沖縄科学技術振興センターでは、「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」の研究成果を発表すると共に、県内外の企業・大学・研究機関とのネットワーク構築を図る場として、本年度も出展する運びとなりました。

 この度の出展では、沖縄県産業振興公社、株式会社沖縄TLOおよび沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センターと共に、沖縄パビリオンとして共同出展を行います。

 期間中は、出展ブース内にてミニプレゼンを共同で企画いたしておりますので、ご案内いたします。

 BioJapan2013公式HPhttp://www.ics-expo.jp/biojapan/main/

BioJapan2013ミニプレゼン プログラム.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 629.7 KB
BioJapan2013ミニプレゼン要旨.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 764.8 KB

「ATL研究セミナー」開催のお知らせ

<終了いたしました>

 

【日時】平成25年9月27日(金)18:00~19:00

【会場】琉球大学医学部 臨床講義棟 1階

【主催】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

【講演】 演題:ATLの多クローン性増殖様式と分子病態

     講演者:瀬戸 加大 先生(愛知県がんセンター研究所 副所長 兼 遺伝子医療研究部長)

【詳細】 参加費無料

     参加ご希望の方は、下記のフォームに氏名、所属・役職、およびメールアドレスを明記の上、

     お申込みください。

【申込】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター 担当:鈴木

    TEL:098-866-7500   FAX:098-895-7533

    ご登録いただきました個人情報は、本セミナーに関する連絡のみに使用し、それ以外には使用い

    たしません。  

【日時】平成25年9月27日(金)18:00~19:00

【会場】琉球大学医学部 臨床講義棟 1階

【主催】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

【講演】 演題:ATLの多クローン性増殖様式と分子病態

     講演者:瀬戸 加大 先生(愛知県がんセンター研究所 副所長 兼 遺伝子医療研究部長)

【詳細】 参加費無料

     参加ご希望の方は、下記のフォームに氏名、所属・役職、およびメールアドレスを明記の上、

     お申込みください。

【申込】公益財団法人 沖縄科学技術振興センター 担当:鈴木

    TEL:098-866-7500   FAX:098-895-7533

    ご登録いただきました個人情報は、本セミナーに関する連絡のみに使用し、それ以外には使用い

    たしません。  

130927 ATL研究セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 430.0 KB

「P2施設における、病原性微生物(ウイルス)の取扱い」(仮題) 

            セミナー開催のお知らせ

〈終了いたしました〉

 この度、病原体の安全取扱いをご専門とする講師の先生をお招きしセミナーを開催いたしますので、ご案内致します。

 本事業では、沖縄県の科学技術振興に寄与する研究開発拠点として「オープンリサーチセンター(以下、ORCとする。)」を整備し、県内研究機関を中核とした研究開発事業を推進することで、知的・技術的リソースを集結・発展させ、共同研究を介したネットワーク形成を促進し、「知的クラスター」の形成を目指しております。

 今回、その知的クラスター形成の活動の一環としまして、ORC内で整備しております、P2レベルの微生物実験室および細胞実験室の運用について・実験室での病原性微生物(ウイルス)の安全取扱い等に関するセミナーを開催いたします。

 本セミナーは、病原体の安全取扱いをご専門とする講師の先生をお招きして、公開で行いますので、オープンリサーチセンターを利用している方のみならず、日頃、微生物・動物細胞等を取り扱われている研究者の皆様もぜひご参加ください。


平成25年度「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」

日  時

平成25723日(火)13301430

会  場

沖縄県工業技術センター 2階 会議室 

       (沖縄県うるま市字州崎12-2

演  題

P2施設における、病原性微生物(ウイルス)の取扱い」

                      (仮題)

講師:只野 昌之先生
琉球大学大学院 医学研究科

主  催

公益財団法人沖縄科学技術振興センター

詳  細

入場無料
 
参加ご希望の方は、氏名・所属・連絡先

TELFAXE-mail)を明記の上、E-mailまたはFAXにて下記あてにお申し込みください。

問い合わせ・お申込み

公益財団法人沖縄科学技術振興センター 

知的クラスター形成事業推進室 

     (担当:松竹、宮城)
TEL
098-989-0042 FAX098-989-0043 

E-mailostc-office@subtropics.or.jp

 

 

  第15回マリンバイオテクノロジー学会大会 公開シンポジウム

  ~沖縄海洋生物資源が秘めたポテンシャルとその利用~

<終了しました>

この度、我国のマリンバイオテクノロジー分野の専門家が一堂に会するマリンバイオテクノロジー学会が沖縄県ではじめて開催されるにあたり,公開シンポジウムを開催します。

沖縄県には、「多様な生物資源」や「ゲノム解析拠点」としての高いポテンシャルがあり、これらの特長を活かして、沖縄県の産業振興に寄与することを目的に、平成22年度より「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」が開始されました。事業では県内外の研究機関、企業が参加し、「生物資源 の活用」「環境・エネルギー」「医療・健康」「創薬」の4つのテーマで共同研究を行っています。

今回の公開シンポジウムでは、これらのテーマの中でマリンバイオテクノロジーに関連のある機関に、海洋生物資源を活用した知的産業クラスター形成へ向けた取り組みについて講演いただきます。

 

日  時

平成2562日(日)14001600

会  場

沖縄県市町村自治会館 2階 自治会館ホール

演  題

オーガナイザー:金本昭彦(オーピーバイオファクトリー株式会社)

14:00  開会

14:05 「海洋生物資源ライブラリーを活用したスクリーニング」

古賀啓太(オーピーバイオファクトリー株式会社) 

14:30 「沖縄産未利用海洋生物資源に含まれる

有用天然有機化合物の探索研究」

照屋俊明(琉球大学 教育学部) 

14:55 「難培養海洋微生物資源へのアプローチ」

新里尚也(琉球大学 熱帯生物圏研究センター) 

15:20 「沖縄におけるマリンゲノミクスの展開」

佐藤矩行(沖縄科学技術大学院大学 マリンゲノミックスユニット) 

15:45 「研究成果を活用した事業展開および知的産業クラスター形成」

金本昭彦(オーピーバイオファクトリー株式会社)

16:00  閉会 

主  催

15回マリンバイオテクノロジー学会大会

共  催

公益財団法人沖縄科学技術振興センター参加

「知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業」

詳  細

参加無料(※参加ご希望の方は、直接会場までお越し下さい。)

問合せ先

公益財団法人沖縄科学技術振興センター 知的クラスター形成事業推進室

(担当:松竹)  E-mailostc-office@subtropics.or.jp

 

 

マリンバイオテクノロジー学会大会 公開シンポジウム
マリンバイオテクノロジー学会大会 公開シンポジウム ポスター.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 830.9 KB

「ATL研究セミナー」開催のお知らせ

<終了しました>

【日時】平成25220日(水) 18001900

【会場】琉球大学医学部 臨床講義棟  1F

【主催】公益財団法人沖縄科学技術振興センター

【講演】演 題:成人T細胞白血病(ATL);発症、治療、予防について

     講演者:山本 直樹(シンガポール国立大学医学部 微生物学 教授)

【詳細】参加費無料

     参加ご希望の方は、下記のフォームに氏名、所属・役職、及びメールアドレスを明記の

          上、お申込みください。

【申込】公益財団法人沖縄科学技術振興センター 担当:大兼(オオカネ)

     TEL0989890042 FAX0989890043

     ※ご登録頂きました個人情報は、本セミナーに関する連絡のみに使用し、それ以外に

          は使用致しません。

 

 

『ATL研究セミナー』ポスター
ATL研究セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.0 MB

「ATLシンポジウムin沖縄2013 ~あなたにも知ってもらいたい!成人T細胞白血病(ATL)研究の最前線~」開催のお知らせ

<終了しました>

 成人T細胞白血病(ATL)は、血液のガンである白血病の一種で、ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)の感染により発症します。感染者は全世界で2,000万人、日本では約107万人以上と推定されていますが、感染者の分布は局在しており、南九州や沖縄に多く、全体の約半数にのぼります。

 このような状況の中、沖縄県においても今年度より琉球大学を中心に、ATLの予防・治療を目的とした基礎研究等の取り組みを始動しました。

 本シンポジウムでは、ATL予防に向けたHTLV-1基礎研究およびATL臨床研究の最前線を国内の専門家にわかりやすく講演してもらうことにより、まずは広く県民の皆様にATLについてを知っていただき、さらには本研究領域の研究者や医療関係者のネットワークの構築を図ることにより沖縄でのATL研究をより充実発展させることを目的としております。

 この度、以下の内容でシンポジウムを開催しますので、ご案内致します。

 

日時

平成2523日(日) 13301700

会場

沖縄産業支援センター1階ホール

主催

公益財団法人沖縄科学技術振興センター

後援

沖縄県、国立大学法人琉球大学、一般社団法人沖縄県医師会

詳細

入場無料。定員180名。

参加ご希望の方は、下記のフォームに氏名、所属・役職、およびメールアドレスを明記の上、お申し込みください。

申込・

問合先

公益財団法人沖縄科学技術振興センター 担当:大兼(オオカネ)

TEL0989890042 FAX0989890043

※ご登録頂きました個人情報は、本シンポジウムに関する連絡のみに使用し、それ以外には使用致しません。

 

 《シンポジウム プログラム》

13:30-13:45  主催者挨拶  来賓挨拶 

 

13:45-14:00  事業概要紹介

田中 勇悦   (琉球大学 大学院医学研究科 免疫学講座 教授)

 

講 演

14:00-14:30 「なぜ一部の感染者だけ病気になるのか?-ATLの発症予防・治療法開発に向けた基礎医学研究の現状と問題点について」

齊藤 峰輝   (川崎医科大学 微生物学教室 教授)

 

14:30-15:00 「沖縄県におけるATLの臨床病態の解明に向けて」

福島 卓也   (琉球大学 医学部保健学科 血液免疫検査学分野 教授)

 

15:00-15:15  休 憩

 

15:15-15:45 「ATLに対する早期発症診断と選択的治療薬に関する探索研究」

馬場 昌範   (鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 抗ウイルス化学療法研究分野 教授)

 

15:45-16:15 「長崎県におけるATLの臨床研究から」

宮﨑 泰司   (長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 原研内科 教授)

 

 16:15-16:30 「沖縄県のHTLV-1感染への対応~母子感染対策を中心に~」

国吉 秀樹   (沖縄県福祉保健部 健康増進課長)

 

16:30-17:00  総合討論

 

17:00       閉 会 

 

『ATLシンポジウムin沖縄2013』ポスター
ATL2013ポスター.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 617.5 KB

HOMEへ                                                         知的クラスター 新着情報へ

 

海洋危険生物による被害発生は、7月と8月に年間の6~7割が集中しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。
海洋危険生物による被害発生は、7月と8月に年間の6~7割が集中しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。
『海の危険生物治療マニュアル』.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 24.1 MB