バイオインフォマティクス人材育成推進事業 新着情報

平成25年度バイオインフォマティクス技術者認定試験について

1 認定試験の概要

バイオインフォマティクスは、生物学データを情報科学手法により解析する
学問・技術 です。
 日本バイオインフォマティクス学会では、人材育成のために毎年
「バイオインフォマティクス技術者認定試験」を実施しています。
 関連分野への就職、進学を希望される学生の方々をはじめ、既に
第一線で活躍中の技術者・研究者の方々が、バイオインフォマティクスの
能力と知識を証明するために最適の試験です。
 合格者には合格証書と認定シールが贈られます。
 多くの方の挑戦をお待ちしています。

 

 2 試験日・試験地・受験資格・受験料

 □ 試験日  : 平成25年11月24日(日)
  □ 試験地  : 仙台・東京・名古屋・長浜・大阪・福岡・沖縄
     仙台* : 東北大学
     東京  : 東京医科歯科大学
     名古屋: 名古屋大学
     長浜  : 長浜バイオ大学
     大阪  : 都市活力研究所(グランフロント大阪)
     福岡  : 九州大学
     沖縄  : 沖縄工業高等専門学校

※会場は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。
* 仙台は隔年開催です。来年は仙台にかわり札幌で開催の予定です。
  □ 受験資格: 受験資格は問いません
  □ 受験料  : 4800円(消費税込)
    ※本年度より改訂され、チャレンジしやすい受験料となりました。

 

 3 試験方法

 分子生物学・情報科学・バイオインフォマティクスの各分野における
基礎的な知識と理解度を測ります。
  □ 試験時間 : 13時30分~15時30分(120分)
  □ 解答方法 : 4者択一式
  □ 問 題 数 : 80問

 

4 受験申し込み

詳しくは、JSBi認定試験ホームページ
http://www.jsbi.org/nintei
をご覧下さい。
 受験申込受付期間は9/2(月)~10/28(月)です。

 

フォーラムは終了いたしました。

▮「バイオ×ITフォーラム」開催のお知らせ

「バイオ×ITフォーラム」

日 時

2012年7月8日(日) 14:00~16:00

会 場

琉球大学農学部 207大講義室

・アクセスhttp://www.u-yukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

・キャンパスMAPhttp://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/campus_map.html 

プログラム

1.開会あいさつ  

2.基調講演1 「ピックデータがもたらす生命科学の新潮流」  

  瀬々潤 氏(東京工業大学大学院情報理工学研究科 准教授)

3.基調講演2 「近未来の手術とは?~テクノロジーが代えていく医療環境~」 

     磯谷 周治 氏(帝京大学医学部付属病院 医師 )

4.集中講義紹介 ( 平成24年度バイオインフォマティクス人材育成講座「スタンダードコース) 

  高野 良 氏 (琉球大学農学部 教授)  

5.企業講演1 「バイオインフォマティクスとビジネス」

  鷲尾 尊定 氏 (株式会社理研ジェネシスバイオインフォマティクス部部長) 

6.企業講演2 「バイオインフォマティクスが医療を変える」

  上辻 茂男 氏 ((株)スタージェン遺伝統計解析事業部 事業部長)

7.企業講演3 「実践型インターンシップ」

   丸 幸弘 氏  ((株)リバネス 代表取締役 CEO)

主催・共催

主催: 公益財団法人 沖縄科学技術振興センター(OSTC)

共催: 株式会社 リバネス

後 援

琉球大学、沖縄工業高等専門学校

対 象

一般

 (大学生・大学院生・高専生・専門学校生・社会人(IT、バイオ、食品系)・自治体職員等の皆様に特にお勧めいたします。奮ってご参加下さい)

 参加費

無料 

定 員

150名

 参加申込み

FAX►050-3737-6374

*欄外のご案内(PDF)をダウンロードして参加申込書もご利用ください。 「所属機関・所属部・役職」「氏名(ふりがな)」「連絡先E-mail」を明記のうえ、メールまたはFAXにてお申込みください。

お問合せ

公益財団法人 沖縄科学技術振興センター

 900-0029 沖縄県那覇市旭町112番地18号 沖縄県旭町会館2

バイオインフォマティクス人材育成推進事業 担当:屋嘉部 

TEL:098-866-7500(代)   FAX:098-861-7443  

 株式会社リバネス 担当:岡崎

TEL:098-996-1404   FAX:050-3737-6374     

フォーラム詳細ご案内
フォーラム(表).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB
フォーラム詳細ご案内
フォーラム(裏).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB

▮おすすめ情報 「バイオインフォマティクス・ロードショー」

<終了しました>

欧州バイオインフォマティクス研究所(EBI)の講師にハンズオンで指導していただける機会はなかなかないと思います。ぜひこの機会に積極的にご参加いただきたく、下記のとおりご案内いたします。

 

<OIST主催>欧州バイオインフォマティクス研究所(EBI)による2日間の入門コース

<クリックで拡大>
<クリックで拡大>

「生物情報科学ロードショー」

EBI Bioinformatics Roadshow

 

日時:9月15日(木)~16日(金)2日間

場所:OISTシーサイドハウス(沖縄県国頭郡恩納村)

申込み締切:8月10日(水)先着順

 

*講義内容はすべて英語

*ノートPC持参

*参加費無料・昼食付き

*英語で講義となっておりますが、本コースの対象者は、生物学系の研究者で、データベースやネットワーク解析において、ほとんど、あるいは、まったく知識のない方

●参加お申込み(登録)はEBIのウェブサイトへ

http://www.ebi.ac.uk/training/roadshow/110905_Japan.html

●カリキュラム、時間割についてはOISTのウェブサイトへ

http://www.oist.jp/en/events/calendar/icalrepeat.detail/2011/09/15/297/46%7C44%7C45%7C43%7C37/OWMwYTNmYjhlYjhkNzE3NTEyYmY3OGZhMjAyNGI1ZTU=.html

 

 

▮バイオインフォマティクス人材育成講座 公開講義 

<終了しました>

7月30日(土)10:00~16:30@琉球大学 *受講生でない方も聴講いただけます

<クリックで拡大>
<クリックで拡大>

1.「生命科学概論」 講師:柳田充弘 氏 (沖縄科学技術研究基盤整備機構 GO細胞ユニット代表研究者)

2.「情報科学概論」 講師:瀬々 潤 氏 (東京工業大学 准教授)

3.「バイオインフォマティクス総論」 講師:有田 正規 氏 (東京大学 生命情報科学科 准教授)

 

多くの皆さまの受講を心よりお待ちしております. 

 

 

▮フォーラムin沖縄2011開催のお知らせ

<終了しました>

「バイオインフォマティクス・フォーラムin沖縄2011」

日 時

2011年6月26日(日) 13:30~16:30

会 場

琉球大学農学部 207大講義室

・アクセスhttp://www.u-yukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

・キャンパスMAPhttp://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/campus_map.html 

プログラム

1.開会あいさつ  

2.バイオインフォマティクスへのいざない  

  池松真也 氏(沖縄工業高等専門学校 教授)

  要 匡 氏(琉球大学大学院 医学研究科 准教授)

  塚原正俊 氏(株式会社バイオジェット  研究統括) 

3.パネルディスカッション 

  池松真也 氏(沖縄工業高等専門学校 教授)

  要 匡 氏(琉球大学大学院 医学研究科 准教授)

  塚原正俊 氏(株式会社バイオジェット  研究統括) 

 <受講生代表>

  具志堅 央さん(沖縄工業高等専門学校 専攻科1年)

  大城 華さん(琉球大学 農学部3年) 

4.アンケート・事務連絡・閉会   

主 催

財団法人 沖縄科学技術振興センター(OSTC)

後 援

琉球大学、沖縄工業高等専門学校

対 象

一般

 (大学生・大学院生・高専生・専門学校生・社会人(IT、バイオ、食品系)・自治体職員等の皆様に特にお勧めいたします。奮ってご参加下さい)

 参加費

無料 

定 員

100名

 参加申込み

FAX►098-861-7443

Email►info@subtropics.or.jp

「所属機関・所属部・役職」「氏名(ふりがな)」「連絡先E-mail」を明記のうえ、メールまたはFAXにてお申込みください。*欄外のご案内(PDF)をダウンロードして参加申込書もご利用ください。 

お問合せ

財団法人 沖縄科学技術振興センター http://www.ostc-okinawa.org/

900-0029 沖縄県那覇市旭町112番地18号 沖縄県旭町会館2

バイオインフォマティクス人材育成推進事業事務局 担当:岡崎 

TEL:098-866-7500(代)   FAX:098-861-7443  

Email: info@subtropics.or.jp

フォーラム詳細ご案内
BIフォーラムin沖縄2011ご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.0 MB

▮沖縄地域部会設立記念講演会のお知らせ

<終了しました>

「バイオインフォマティクスの力で沖縄を興す」

~日本バイオインフォマティクス学会・沖縄地域部会設立記念講演会~

日 時

2011年2月20日(日) 13:30~16:30

会 場

琉球大学 法文学部 新棟215教室

・アクセスhttp://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

・キャンパスMAPhttp://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/campus_map.html 

内 容

日本バイオインフォマティクス学会・沖縄地域部会の設立を記念して、バイオインフォマティクス関連分野で活躍されている研究者の方々をお招きし、生物学的情報の飛躍的な蓄積が進む沖縄での取り組み、バイオインフォマティクス分野による沖縄振興の推進等、注目のテーマについてご講演いただきます。

また、沖縄科学技術振興センター主催バイオインフォマティクス人材育成講座の次年度開催についてもご説明いたします。   

プログラム

1.沖縄地域部会キックオフ挨拶

  高野良氏(沖縄地域部会会長、琉球大学農学部教授)

2.「日本バイオインフォマティクス学会の紹介と沖縄地域部会への期待」  

  松田秀雄氏(JSBi会長、大阪大学情報科学研究科教授)

3.「バイオ、健康、農業関連産業による沖縄の活性化」 

  神沼二眞氏(情報計算化学生物学会理事)

4.「沖縄産業振興のための微生物活用の可能性とバイオインフォマティクスの重要性について」 

  松井徹氏(琉球大学熱帯生物圏研究センター准教授)

5.「感染防御ワクチンプラットフォーム技術とその応用」 

  新川武氏(琉球大学熱帯生物圏研究センター准教授)

6.「沖縄のサンゴゲノム解読の現状について」 

  川島武士氏(OISTマリンゲノミックスユニット グループリーダー)

7.「OISTオープンバイオロジーユニットにおけるPhysiomeとSystems Biologyへの取り組み」 

  浅井義之氏(OISTオープンバイオロジーユニット グループリーダー)

8.バイオインフォマティクス人材育成講座説明 

  丸幸弘氏(株式会社リバネス代表取締役CEO)

主 催

日本バイオインフォマティクス学会(JSBi) 

財団法人 沖縄科学技術振興センター(OSTC)

後 援

琉球大学、沖縄工業高等専門学校

対 象

一般

 (大学生・大学院生・高専生・専門学校生・社会人(IT、バイオ、食品系)・自治体職員等の皆様に特にお勧めいたします。奮ってご参加下さい)

 参加費

無料 

定 員

150名

 お申込み

事前申込みはこちらから►https://www.leaveanest.com/bioinfo/ 

アクセスしていただき、所定のメールフォームよりお申込みください。定員になり次第、締め切らせていただきます。

お問合せ

財団法人 沖縄科学技術振興センター http://www.ostc-okinawa.org/

900-0029 沖縄県那覇市旭町112番地18号 沖縄県旭町会館2

バイオインフォマティクス人材育成推進事業 事務局 担当:岡崎 

 TEL:098-866-7500   FAX:098-866-7533   Email: info@subtropics.or.jp

詳しくはこちらをダウンロードしてご覧ください
JSBi沖縄地域部会設立記念講演会のご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

▮日本バイオインフォマティクス学会沖縄地域部会 設立へ

(写真左:JSBi会長 松田秀雄教授(大阪大学)、右:高野良教授(琉球大学))
(写真左:JSBi会長 松田秀雄教授(大阪大学)、右:高野良教授(琉球大学))

2010年12月14日、九州大学医学部百年講堂で開催された日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)の2010年年会にて、沖縄地域部会の設立が承認されました。

 

亜熱帯特有の生物資源が豊富な沖縄では、県の重点産業として「健康バイオ」が掲げられており、沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センターの開所、沖縄科学技術大学院大学の開学(2012年予定)、3種8台の次世代DNAシーケンサー(超高速DNA配列解析装置)の集積など、高度な研究基盤の整備が進み、生物学的情報の蓄積が加速しています。

 

バイオインフォマティクス(Bioinformatics)は生物にかかわる情報を情報科学の手法により解析する学問分野で、生物情報科学とも生命情報学とも訳されます。沖縄において高度化する研究水準と研究基盤をより発展的に利活用するために必要不可欠な分野として注目されています。

 

沖縄科学技術振興センターでは、バイオインフォマティクス人材育成推進事業の実施を通じて、バイオインフォマティクス分野の人材育成と基盤構築を推進しており、その取り組みの一つとして日本バイオインフォマティクス学会 沖縄地域部会設立を目指し、琉球大学の高野良教授(農学部)を筆頭に準備を進めてきました。

 

沖縄地域部会の活動については、当財団のウェブサイトでもお知らせしていきます。

 

 

▮12/22 バイオインフォマティクス技術者認定試験合格者が発表されました

11月28日(日)に行われた平成22年度日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)バイオインフォマティクス技術者認定試験の合格者受験番号が同学会の公式ウェブサイト上で発表されました。

当財団で推進してきたバイオインフォマティクス人材育成推進事業では、沖縄におけるバイオインフォマティクス分野の認知向上・普及・発展を目的に、同試験の沖縄県内での開催を提案し、平成22年度の県内開催が実現しました。
日本バイオインフォマティクス学会の公式ウェブサイト(http://www.jsbi.org/)によると、平成22年度の受験者合計数は147名、うち沖縄会場での受験者数が32名でした。当財団主催のバイオインフォマティクス人材育成講座の受講生たちも多く受験した今回の認定試験、受験者全員に成績通知が、合格者に合格証書と「JSBi認定技術者」のシールが送られる予定。

<平成22年度受験者数・合格者数・平均得点>(JSBi公式ウェブサイト公表)
受験者数  147名(社会人69名、学生78名)   
(受験会場別の内訳:札幌 5名、仙台 5名、東京 72名、大阪 19名、長浜 2名、福岡 12名、沖縄 32名)                          
合格者数       80名(沖縄会場:16名)
合格率        54.4%(沖縄会場:50%)
平均得点  620.1点
(平成22年度合格基準点 600点以上(1,000点満点))

合格者受験番号の発表等、詳しくはJSBi公式ウェブサイトへ
JSBiバイオインフォマティクス技術者認定試験 平成22年度試験情報

 

海洋危険生物による被害発生は、7月と8月に年間の6~7割が集中しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

『海の危険生物治療マニュアル』.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 24.1 MB