地域クラスター形成に向けた調査研究事業

 

本事業は、沖縄県の科学技術の振興を図るため、沖縄科学技術大学院大学などを核とした大学、公的試験研究機関及び企業による産学官連携のあり方などに関する調査研究を実施します。

 

地域クラスター(地域において連鎖的に技術革新とそれに伴う新産業創出が起こるシステム)の形成を図るためには、人的ネットワークをはじめ施設・機器、技術、情報等が効率的・効果的に機能する活動基盤を構築していく必要があります。本調査では先進地域における公的研究機関が有する技術シーズと企業の実用化ニーズのマッチング状況やコーディネート機関の取り組み等、国内の産学官連携の現状を把握します。

また、当財団がこれまで実施してきた各種の研究事業などにより構築した研究ネットワークや研究基盤を活かし、産学官連携を推進するため、研究者、学生、一般市民などを対象としたシンポジウムを開催いたします。

 

 

海洋危険生物による被害発生は、7月と8月に年間の6~7割が集中しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

『海の危険生物治療マニュアル』.pdf
PDFファイル 24.1 MB